すまいろロゴ

夫婦共働きにおすすめの住宅ローンの組み方とは?

すまいろ編集部
2019.04.02

共働きで住宅を購入する場合、夫婦共同で購入というご家庭も増えてきました。二人併せた収入で返済計画を練ることで、ご主人もしくは奥様のいずれか一方で住宅ローンを組むよりも借入額が多くなり、より理想通りの家づくりが可能になります。この場合、ご夫婦の収入を合算して1つの住宅ローンを組む方法と、ご夫婦がそれぞれの持ち分の住宅ローンを契約する方法があります。

 

収入を合算する方法は、2通りあります。

1つは、ご主人か奥様のいずれかが単独で住宅ローンを契約し、その配偶者が「連帯保証人」になること。団体信用生命保険(以下、団信)への加入や住宅ローン控除は契約者のみが対象となり、返済が滞った時は配偶者に返済義務が生じてきます。2つ目は、配偶者が「連帯債務者」になるという方法です。この場合は、夫婦共にローン返済義務を負い、その負担割合によった住宅ローン控除を受けることができます。団信は主となる契約者のみが保障対象になることが一般的ですが、フラット35ではデュエット(夫婦連生団信)に加入でき、どちらかに万一のことがあった時は残債が全額免除されます。「連帯保証」に比べメリットも多いため、利用される方も多い「連帯債務」ですが、取り扱いのない金融機関もあるので注意が必要です。

 

これとは別に、ご主人と奥様がそれぞれに住宅ローンを契約する「ペアローン」という方法もあります。2つの住宅ローン手数料は双方にかかってきますが、それぞれに住宅ローン控除も適用され団信の加入もできるため、どちらかに万一のことがあった場合は一方分の住宅ローンの残債が免除になります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、ライフスタイルを見極めた上でどの方法がご自身に適しているかを選ぶことが大切です。



関連記事

すまいろtwitter
すまいろインスタ

住まいる専家 第2・第4土曜日発行

すまいろロゴ

©長岡・見附・小千谷エリア | 注文住宅 新築一戸建て リフォーム情報を満載 すまいろ